【住宅】 こんなはずでは・・失敗した新築一戸建設備ランキング

生活&住宅
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

失敗した新築一戸建て設備

マイホーム 購入から2年、「これは失敗だった・・・」という設備をランキング形式でご紹介します。

第5位 ベランダが透明ガラス

ienyより転載:https://ieny.jp/

わが家は高層マンションではないのですが・・・・

何故ベランダが透明ガラスなのか!?


道路に面した2階ベランダがスケルトンって、洗濯物&リビングが丸見えなんですが。設計者を呼んで小一時間理由を問い詰めたい、謎設備

せめて摺ガラスに変えようとしたところ、費用見積もりは40万円!!これは暫く我慢するしかないかなと思いましたが・・・・

楽天で見つけたガラスフィルム(EZSHEET)をDIYで貼り付けてなんとか解決!!↓

この手のシートは業者さんでないと貼り付け難しいのですが、このシートは水で接着し何度でも貼り直せるので素人でも綺麗に張れる優れもの。2年たった今でも全く剥がれ無し。知らない人が見たら普通の摺ガラスにしか見えないかも。

このシートのおかげでスケルトンベランダ問題は解決しましたが、これ無かったら個人的にはガッカリ設備ダントツ1位です。

第4位 トイレがリビング直結

TOTO HPより転載

リビングから直ぐトイレに行けるのは、子供が小さい頃は便利なのですが・・・年頃になってくるとる音漏が気になる様子で、1階のトイレしか使わなくなりました。また来客時にもお客様に使用はすすめられないです。

正直リビングトイレ自体はほぼデメリットしかないのですが、限られた敷地面積でリビングを広くしようとしたら、この設計は止むを得ないかな。

リビングの広さをとるか? 
トイレの場所にこだわるか?


悩ましいところです・・・・。

第3位 お風呂の備え付けテレビ

湯船に浸かりながらゆったりとテレビを満喫!ってな感じで人気設備のお風呂のテレビ。もちろん便利な設備ですが大きな問題が一つ。

子供が風呂から出てこなくなる

上の子(高校生)なんかは普通に1時間くらい風呂入ってます。歌番組みながら鼻歌まで歌ったり(笑)テスト期間もこんな調子で困りものです・・・

お風呂のテレビは、必要に応じて取り外せる後付けタイプの方が安価だし良いかもしれません。

第2位 エネファーム

都市ガスからお湯と電気を同時に作り出す省エネ装置「エネファーム 」

エアコンをガンガン使う夏場でも電気代は5〜6千円程度、ガス代と合わせた光熱費トータルでも以前より毎月1−2割程度安くなっていて、設置当初は満足していたのですが・・・

実際試算したところ設置費・維持費が高くて絶対に元が取れない!
ざっくりいえばエネファーム 導入で年間7万円程度の光熱費削減にはなりますが、導入費用が150〜200万円。

どんなに丁寧に使っても20年で完全停止する仕様の上、保証期間10年を超えたあとの修理費は自己負担というリスク有り。敢えてメリットをあげれば災害時にエネファーム 内のお湯を生活用水として使えることくらいでしょうか・・・・

エネファーム を使った実際の光熱費コストとデメリットを、こちらの記事にまとめましたので宜しければ是非参考にしてみてください↓



第1位 リビングイン階段

わが家の失敗設備No.1は・・・・

リビングイン階段

見ての通り、2階のリビングに直結している階段なのですが、仕切りドアがないタイプ。

工務店の方には「高気密で冷暖房効率も優れてますよ!!」との説明を受けてましたが、いくら高機密でもこれじゃ・・・

エアコン冷気1階にダダ漏れだろう!

まぁ1階玄関が、漏れてきた冷気で夏場でも涼しいという、予想外のなんちゃってZ空調効果(!)はありますが・・

家の設計上、ドアや引き戸は後付けでも設置出来ないらしく、カーテンロールで対策しています↓

<>リンク

見ての通りどうしても隙間は出来ますが、割と効果はあると思います(もちろんドア設置が理想なのですが・・・)

当時工務店の方に聞いたところ、消防法の問題でリビングイン階段にはドアは付けられなかったそうです。階段にドアがあると避難の際に障害になる為らしい。

し・か・し

昨年消防法が改正されて、リビングイン階段にドアの設置が可能になったようです!!今後新築でリビングイン階段を考えていのであれば省エネ対策としてドア設置は必須かなと思います。

以上、わが家の失敗設備ランキングでした。皆様の住宅設備検討の参考になれば嬉しいです!

関連記事リンク

わが家の満足設備ランキング記事がこちらです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました