【中学受験】 小学校低学年向 教科別ベストアプリ

勉強&受験
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

iPad購入から10年

2010年のiPad発売当時、米国のみ4月先行発売で、日本は5月末の発売でした。Appleマニアとしてはこの1ヶ月が耐えきれず米国駐在中の後輩に頼んで4月中にGet、その後現在保有のiPad Pro 2020モデルを含めて計7台を購入し家族全員で活用してます。

iPadは発売直後から教育ツールとしての可能性が注目されてて発売1年後には、日本語対応の優れたアプリが多数出てたんですよね。当時小学1年生だった息子&4歳の娘には、その頃から毎日のようにiPadを勉強ツールとして使わせてました。

というわけで、教育ツールとしてiPadを活用して10年、入塾前の小学校1〜3年生の頃に、わが家で最も活躍したiPadアプリを教科毎のオススメアプリ4つをご紹介します。

1. 算数 / 数学の王者

‎数学の王者
‎数学の力を磨いて数学の王者になろう! 「数学の王者」は、とても楽しく、各分野での様々な問題を搭載したペースの速い数学ゲームです。農夫、または農婦としてスタートし、数学の問題に答え、合計点を高めてキャラクターをレベルアップさせます。10の各レベルには、新しいキャラクターデザイン、音楽が用意されています。星を集め、アチ

最初に断言します。

子供の計算力を磨くのに
これ以上の神アプリはない!
(注:筆者の主観)

アプリの絵柄があまりにも癖が強いので、敬遠する人も多いと思いますがこのアプリは本当に凄い。小学校の標準教材にしてもいいレベル。

このアプリは1セット10問の計算問題を4択で答えて、正解率とスピードで点数を競うゲーム。出題分野は四則計算(4種)、分数、幾何学等12種類。これだけ聞くとなんのことはないアプリですが・・・

親子対決がスマブラ並に燃えます
(注:わが家調査)

・絶妙な出題形式
(答えが15の数式選択など)
・10問10秒未満の超高速計算バトル
・コンマ1秒を争う緊張感
・緊張感を煽る絶妙のリズム
・子供には負けられない親の意地
・親の記録を意地でも超えようとする子供の意地(笑)
・そして単純に面白い!

一度やっていただくと分かりますが、脳内フル稼働間違いなし。百聞は一見にしかず、こんな感じです↓

数学の王様

二人の子供が低学年の時には毎日このアプリで”真剣勝負”。子供は勉強感覚ゼロ、完全に対戦ゲーム化してました。子供二人とも計算スピードだけはかなり早い方ですが、このアプリのおかげかなと思います。四則計算は無料なので試してみてはいかがでしょうか?

‎数学の王者
‎数学の力を磨いて数学の王者になろう! 「数学の王者」は、とても楽しく、各分野での様々な問題を搭載したペースの速い数学ゲームです。農夫、または農婦としてスタートし、数学の問題に答え、合計点を高めてキャラクターをレベルアップさせます。10の各レベルには、新しいキャラクターデザイン、音楽が用意されています。星を集め、アチ

2. 国語 / 小学1年生かん字ドリル

iPad漢字アプリの老舗(発売は2011年)の定番アプリ。当時から漢字学習アプリはたくさんありましたが、使いやすさや子供の親みやすさ(絵柄・音楽)はこれが一番だと思います。2年生までの漢字は二人ともこのアプリで覚えていました。

学習アプリも今は広告付きでの無料アプリが大分増えましたが、これは当初から広告なしの980円買い切りアプリ。学習アプリでの広告は本当に邪魔でしかないなので、買い切り型かサブスクがいいと思います。問題集1冊分と考えれば、このアプリ十分支払う価値ありかなと思います。(お試しの無料版もあります)

‎小1かん字ドリル 基礎からマスター!
‎「小学生漢字ドリル」シリーズは2011年に発売以来、個人ユーザーのみならず、学校や学習塾でも使用されているロングセラーアプリです。当アプリシリーズは小学生が6年間で学習する全1026文字に対応しています。   ■このアプリについて 「小1かん字ドリル 基礎からマスター!」は、2020年改訂の小学校学習指導要領に準拠し


3.社会 / 世界地図マスター

中学受験向アプリの記事で紹介した「日本地図パズル」の世界地図版です。当時ドイツ駐在中だったのですが、自分のいる周りにどんな国があってどんな特徴があるかを学ばせるため、図鑑的につかってました。学習アプリというより「図鑑」と考えた方が近いかと思います。

探検」・「クイズ」・「パズル」の3つの機能があり、「探検」は各国の特徴を音声・写真・絵を使った説明、クイズは「探検」で学んだ内容の確認テスト、「パズル」は地域毎の国パズルとなっています。

今回記事を書くにあたって久々に起動させましたが、受験対策でも割と使えるかと思います。特に欧州や東南アジアの国の場所などは、このアプリのパズル機能が結構役に立ちますね。パズル機能だけに特化した無料版もあるので試してみてはいかがでしょうか。

‎世界地図マスター 楽しく学べる教材シリーズ
‎=世界の国々をもっと知ろう!= 世界地図マスターでは、世界の国々の特色をビジュアルで覚えることができます。 アプリは「探検」・「クイズ」・「パズル」の3つに分かれています。 ■アプリの特徴 「探検」は地理、歴史、特産品、食べ物、音楽、祭り、観光地など、さまざまなトピックスから多角的に世界を理解できます。 「クイ

4. 理科 / NHK for School

正直、他の教科と違って理科の低学年向オススメのアプリってないんですよね。相当数試しましたがどれも中途半端な仕上がりで、勉強にならないので使ってないです。

ただ理科専用アプリではないのですが、理科も含めた低学年用の学習アプリとしてオススメ出来るのがこのNHK for School。中学受験用用オススメアプリとしても紹介しましたが、むしろ低学年の時こそ有効かと思います。

操作性とか見た目は正直今一つセンスがないのですが、コンテンツは教育テレビで使われている優れもの。一言で言えば「教育テレビの学習教材データベース」ですね。

これは完全に無料、今回紹介したアプリの中では最もオススメです!

‎NHK for School
‎NHKの学校向けサービス「NHK for School」のiPhone / iPad 向け公式アプリです。 NHKが放送した国語、算数、理科、社会、英語、体育、音楽、図工など、さまざまな教科・ジャンルの学習番組を、授業でも家庭でもアプリならではのかんたん操作で手軽に見ることができます。 【動画を見るシーンはいろい

オンライン学習なら大画面

これらのアプリはiPhoneにも対応していますが、やはり大画面のiPadでの活用がオススメです。

以上わが家で活躍した小学校低学年向アプリでした。

↓ 役にたったよ!という方は応援クリックいただけると嬉しいです!↓

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

オススメ関連記事


コメント

タイトルとURLをコピーしました